HOME  NEWS   LIVE  PROFILE  DISCOGRAPHY  VOICE  RADIO  SHOP  CONTACT

New Album「RECORD」通販開始!

○ 7/21 NEWS  更新
 鈴木トオルDIARY 携帯からも見ることができます。
●「シャイニン・オン〜君が哀しい〜」
のNew Versionが着うた・着うたフルでダウンロードできます こちら
 


東日本大震災から4年。
僕らは、よく日常の中でも『もう、1年経ったの…早いよね、あっという間だね、年月って…。』などと云う事を言ってしまいます。確かに、忙しく毎日を送っていると早いなって感覚になります。実際に自分もLIVEをしながら全国を旅して気が付くと『あれ?もう…。』なんて状況です。
2011年3月11日、東北を中心に東日本を大きな揺れと想像を超えた大津波を伴った東日本大震災。その時から4年の歳月が流れた。これを『もう4年経つのか…。』と思うのか?。『まだ4年…』と考えるのか?。様々だと思います。正直、自分としては何年が過ぎた、何年が経ったって思いに普段は至らない。テレビのワイドや報道番組等で見聞きして、『そうか…』と改めて思いました。時間の経過の感覚は人それぞれだと思います。ただ単に時間軸と感覚の差とも云えるのかも知れないけど、置かれた状況と時間軸との関連性が感覚の差に繋がっているのではないか?と自分は思います。
東日本大震災で実際に被災され、その地で日々を暮している方々の中でも、多分その感覚の違いがあるかと思います。
阪神淡路大震災からも20年が経ちましたが、その時被災し、地元で生活し、20年の歳月を見つけ続けてきた方が『復旧はしてるけど復興はしてません。』と言われていた言葉を自分の心に突き刺さる思いで聞きました。その方の時間軸と思いを自分と重ね合わせる事は出来ませんが、『もう…』とか『まだ…』とかのひと言で終わらせてしまう事は出来ないのだなと、改めて考えさせられました。
自分に何が出来るか?は、今も解らない。でも、やはり忘れない事です。記憶を風化させない事です。心の何処かに留め置く様にと自分は思います。未だに仮設で暮らす方、県外等に一時的に移転され、地元の町で暮らせない方も多いと聞きます。
LIVEで巡る旅先で、皆さんにまた義援金Tシャツでご協力お願いをする事があります。ご協力お願い致します。そんなご協力して頂きながら、心の何処かに思いを留めておく事もお願いしたいと思います。
《鈴木トオル 2015年3月11日》

卵巣がん体験者の会 スマイリー
2006年から皆様に協力して頂いていた卵巣がんの治療薬「ドキシル」の承認を昨年4月にご報告させていただいたかと思います。そして、この8月末に、「ジェムザール」と「トポテカン」も卵巣がんへの必要性を国が認め、承認は若干先になるのですが、承認前に前倒しで保険を使えるようにして下さる様になりました。望んでいた治療薬3つを丸4年かかりましたが、患者さんのもとに届けることが出来る様になりました。皆様のご協力や応援の成果がやっと出始めました。
今後も、ドラッグ・ラグ自体がなくなるゆに、また卵巣がんでも他にラグになっている治療薬はあります。まだ先があります。今後とも皆様のご協力と応援をよろしくお願いいたします。




New Album

RECORD
¥3,000(税込)
2015年3月25日よりオフィシャルショップ徹屋本店での通販、CDショップ等の一般流通が始まりました。



COPYLIGHT ?1997 THE MUSIX. ALL RIGHTS RESERVED. www.the-musix.com/tohru/